子供

乳児湿疹の原因をしよう|赤ちゃんのモチ肌を守る

必須アイテムです

赤ちゃん

使いやすさが一番です

赤ちゃんが生まれると、細かなアイテムも必要になります。特に生後6か月を過ぎたあたりから、離乳食を開始するに伴って、赤ちゃんの水分補給用の水筒が必要になります。赤ちゃんに必要な水筒は使いやすさや衛生面が保てることが一番の条件になります。ストロータイプの水筒は赤ちゃんによっては練習するとすぐに使えるようになる子もいます。反対に、ストローが苦手な子もいるためその場合には違った口の形状の水筒がおすすめです。また、まだ抵抗力が弱いため、こまめに洗浄や殺菌が可能なタイプがよいでしょう。飲み口や水筒の中までしっかりと洗えるタイプだと安心して使用することができます。それに加えて、出かける際にも持っていきやすいものがおすすめです。

口が変えられるタイプ

赤ちゃん向けの水筒の種類はとても豊富にあります。特に飲み口の形状が成長に合わせて変えられるものも多くあるため大変便利です。またストローの替えなども気軽に購入できるものが多いため、常に清潔に保つことができます。容器の素材はプラスチックタイプが多く、荷物の多いママでもそれほど負担なく持ち運びができます。また持ち手がついているものも多く、赤ちゃんが一人でも握って飲みやすいタイプばかりです。成長に合わせて使い分けることで、いつでも気軽に水分補給することができます。赤ちゃんのお出かけには水筒は欠かせないものです。このため、かばんに入れても、中身が漏れないような工夫がされているアイテムも多くあるのが特徴です。